組織的な大学院教育改革推進プログラム「人間科学データによる包括的専門教育」
メニュー
トップページへ
概要
組織
セミナー
研究支援
カリキュラム
成果報告
リンク
お問い合わせ
 
セミナー
Atlas.tiによる質的データ分析の実際「Atlas.tiによる質的データ分析の実際」
講師:深堀浩樹(東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科看護システムマネジメント学講師)
日時:2009年3月9日(月) 13:00-17:00
場所:大阪大学人間科学研究科 本館1階プレゼンテーションルーム

ATLAS.tiは、非常に多彩な機能をもつ質的データ分析支援用ソフトウェア(Qualitative Data Analysis Software: QDA)の一種であり、社会学をはじめ、看護学、医学、人類学など数多くの学問分野で活用されている。今回は、東京医科歯科大学の深堀浩樹氏をお招きして、ATLAS.tiを用いた研究事例とその操作法を中心に、質的データ分析の実際についてお話をしていただいた。

まず、深堀氏の研究分野や質的研究に関する最近の仕事、ATLAS.tiに関する活動について説明があり、その次に、「特別養護老人ホームの入居者に面会する家族が行う"施設家族介護"」についての研究成果を、その研究方法と分析結果を中心に報告された。これにより、セミナー参加者は、質的研究とATLAS.tiの利用について、より具体的なイメージを抱くことができるようになったかと思われる。

その次に、「ATLAS.tiとは?」ということで、ATLAS.tiの概要、活用分野例、基本的な機能、用語の紹介がなされた。そして、「ATLAS.tiを用いた研究例の紹介」がなされ、「ATLAS.tiの機能・操作法の演習」へと進んだ。演習では、データを読み込み、Code、Comment、Memoを書くという基本的な機能から、Query Toolの活用、Copy Bundleファイルの作成、カテゴリー間の関連の図示といった、より高度な機能についても説明がなされた。また、動画や写真など、テキスト以外のデータをATLAS.tiへと取り込む方法についても解説があった。この演習により、参加者はATLAS.tiの活用事例を知るとともに、基本的な操作法について習得できたものと思われる。

最後に、ATLAS.tiを用いる上でのポイントや参考文献についての紹介があり、参加者から様々な質問がなされ、活発な質疑応答がなされた。

(参加者:17名)
 
大阪大学大学院人間科学研究科 | 組織的な大学院教育推進プログラム「人間科学データによる包括的専門教育」