組織的な大学院教育改革推進プログラム「人間科学データによる包括的専門教育」
メニュー
トップページへ
概要
組織
セミナー
研究支援
カリキュラム
成果報告
リンク
お問い合わせ
 
セミナー
「動物園の行動学」 ポスター[PDF]
日時:2007年12月15日(土) 13:15-17:15
場所:大阪大学大学院人間科学研究科東館106教室
司会:友永雅己(京都大学霊長類研究所)・中道正之(大阪大学大学院人間科学研究科)

第1回セミナーは、日本動物心理学会第146回例会:「動物園の行動学」との共催で、下記のような趣旨とプログラムに基づいて行われた。

趣旨

今日の動物園の役割は、娯楽だけでなく、教育、研究も含み、最終的には、種の保存に貢献することであると言われている。動物心理学の分野に関わる研究者が、展示動物の行動研究に参加することは、動物心理学の新たな展開の契機になると同時に、動物園がその役割を果たすことに少なからず参加できると思われる。そこで、現在、展示動物である動物園の動物の行動をさまざまな目的を持って研究しておられる5名の方に、その成果と今後の方向性をご紹介していただき、「動物園の行動学」の可能性を探る研究会を開催した。また、このセミナーは、動物園・水族館という実践の場で、さまざまな方法でデータ収集を行い、研究している方々の実際を、人間科学研究科大学院生だけでなく、将来の院生の候補者でもある人間科学部学生に見てもらい、感じてもらうことを意図して開催された。

13:15-13:20 趣旨説明:中道正之(大阪大学大学院人間科学研究科)

13:20-13:50 村山 司(東海大学海洋学部)
「イルカ類の認知に関する研究」:日本全国の10余の水族館で飼育されているイルカ類の種々の認知能力(例えば、図形認識、数認知)の実験の行い方、数値の解析の仕方、さらに、水族館関係者との共同研究を実施する際の留意事項などについての発表が行われた。

13:50-14:20 入江尚子(東京大学大学院総合文化研究科) 
「アジアゾウの数量認知能力」:上野動物園、天王寺動物園、京都市動物園で飼育されているアジアゾウの数量認知に関する実験的研究についての報告が行われた。実験に協力してくれるアジアゾウが危険な動物でもあることを認識しつつ、実証的な研究を推進することの楽しさと苦労についての話題提供もあった。尚、入江氏の発表については、日本テレビの取材・撮影があった。

14:20-14:50 平崎鋭矢(大阪大学大学院人間科学研究科)
「動物園でのバイオメカニクス研究の可能性」:日本モンキーセンターで飼育されているワオキツネザル、ゴリラ、クモザルが、放飼場内で自由に動いている場面をビデオで撮影し、生体力学を分析する新しい試みについての紹介があった。動物園動物を非侵襲的に観察・記録・分析する新しい試みとして、参加者の注目を集めた。

15:00-15:30 長尾充徳・松永雅之(京都市動物園) 
「エゾヒグマの認知能力と研究対象としての可能性について」:動物園の飼育担当者として、エンリッチメントに取り組んできる長尾氏が、自分で考え、製作した物体をヒグマに与えたときの行動から、エンリッチメント効果だけでなく、ヒグマの認知能力を解析することにもなるという、発展性のある報告が行われた。

15:30-16:00 三浦乃莉子(東京農工大学大学院農学府) 
「飼育下フサオマキザルの環境エンリッチメント実施のための評価実験」:動物園で飼育されているフサオマキザル集団に縦と横に張ったロープのエンリッチメントとしての効果を実証的に測定・分析した結果が紹介された。

16:00-17:00 総合論議 
指定討論者 竹田正人(天王寺動植物公園)上野吉一(東山動植物園):動物園で管理者の立場である両氏から、動物園での今後の研究展開における可能性と問題点などを指摘していただいた。その後も、参加者から積極的な発言が続き、熱気あるままに、終了となった。とりわけ、大学関係者と動物園・水族館関係者が、互いに協力しながら、展示動物の福祉にも十分考慮しながら、多くの種の動物の豊かな心を探っていくことの重要性と楽しさを、セミナーを通して、確認できたと思う。

参加者数:68名(うち13名:大学、9名:動物園・水族館、2名:企業など。西は九州工業大学、東は中央大学、上野動物園からの参加であった)。人間科学部1-4年生が8名、人間科学研究科大学院生が5名であった。
 
大阪大学大学院人間科学研究科 | 組織的な大学院教育推進プログラム「人間科学データによる包括的専門教育」